カテゴリ:かるちゃ~いろいろ( 5 )

Eテレ「「僕は忘れない~瀬戸内 ハンセン病療養所の島~」

b0286989_1019055.gif


夕べは連続、Eテレにくぎ付けになって時間を過ごしておりました。
中でも秀逸だったのは

「僕は忘れない
~瀬戸内 ハンセン病療養所の島~」

【再放送】2013年10月19日(土)午前0時45分
※金曜日深夜

画像をクリックすると、サイトに飛びます↓
b0286989_10394090.png

©NHK

NHKはこういう番組を作るからあなどれない・・・。

再放送をご覧になっていただけたらと思いますが、非常に観るのが辛く苦しい番組です。

「母親が療養所の介護員として働いていたため、小学校の6年間をこの島で暮らし」た少年が小学校の頃に「島の案内所」を立ち上げました。
中学で島を出て大学生になって、改めて島の歴史を見つめ直します。

知っていたつもりでも、療養所の方々の言葉というのは実は今まであそこまで生で聴くことはなかったかもしれません。

「母親になる事もなく古希になり」(うろ覚えで申し訳ありません)

療養所の女性が詠んだ川柳。
小学校の女性教師がその女性の話を小学生に聴かせる為に教室に招きました。
女性は涙ながらに辛い過去を告白しました。

皆さんご存知と思いますが、ハンセン病は故なき差別を受けて発病がわかると生涯隔離されていました。
女性は妊娠すると、中絶を強制されました。この事を小学生に、70歳の女性が「告白」したのです。

その後、女性を招いた女性教師が
「あんな事を言って、よかったと思ってくれているのか、言わなければよかったと思っているか」と迷いを口にしたときの小学6年生二人の言葉に驚き、真剣に語る姿に瞠目しました。

男の子(この番組の中心人物)
「まだ時間がかかると思う・・・」
女の子
「告白することはできても、心は難しいから。心の問題は時間がかかると思う」

その島に住んでいた子供たちが、非常にデリケートな問題を生活の中で目の当りにしてきた事をうかがわせるシーンでした。

[PR]

by gonzoukun_wahaha | 2013-10-13 10:47 | かるちゃ~いろいろ

最近読んだ本(=´∀`)人(´∀`=)

b0286989_131715.gif


この数か月は、新書・人から頂いた(//∇//)主にミステリーなどなど・・・

人から本を頂くのって結構いいものです。自分では手にしない種類のものが読めます(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

さて・・・去る6月12日は、大好きだった「ナンシー関」さんの命日でありました。
忍んでついつい買ってしまった・・・


b0286989_121517.jpg


最初の項の「彫っていくわたしナンシー関自伝」は抱腹絶倒。
ここだけでも読む価値ありです。

さて・・・久々に「図書館」に行きました。このところ行かなくなった理由はいくつかあるのですが
それはさておき・・・なぜ行く気になったか
「アマゾン貧乏」(インターネットクリックで簡単に本が買える)と本の処分に困るようになったため。


b0286989_1101921.jpg


ここには写っていない一冊を最初に読みましたが「大失敗」
「認知症家族の在宅介護」の副題に惹かれて借りましたが、キツイ表現をすると
「シロウトの、自己陶酔型自叙伝」
私が知りたかったのは「具体的な事象や具体策」
返却すればよいので、そういう意味でも図書館はよろしいですね。

川上弘美さんは久しぶり。一時期殆ど読んでいました。

この中で読んだのはまだ中野翠さんの「甘茶日記」

団塊の世代のユーモアがある知的女性の代表みたいな著者ですが「ハズレ」がないです。

以前読んだコラムの中で
「村山富市元首相」の写真入りのものがありました・・・「アジア安全保障会議」かなにかでアジアの首脳と並んでいたのですが・・・

全員「バティックのシャツを着用。
しかし、一番上のボタンまでとめた村山富市さんの「バティックの似合わなさ」は秀逸。

そういうところに目をつける著者が好き( ̄∪ ̄)☆∴

次は目当ての、柳原和子さん「百万回の永訣」にとりかかります。

[PR]

by gonzoukun_wahaha | 2013-06-17 01:28 | かるちゃ~いろいろ

「向田邦子の恋文」向田和子

b0286989_1427738.gif


新聞の向田邦子氏の写真があまりに美しくて読んだ一冊。

b0286989_1426442.jpg


もう30年以上も前に、台湾飛行機事故で亡くなった時は大ニュースでした。
売れっ子脚本家「向田邦子」飛行機事故で死去。

当時・・・比較するのも変ですが私は「澤地久枝」の方が好きでした。
ノンフィクションであり、澤地氏の正義感が青かった私の好みにあっておりました( ̄▽ ̄;)

向田邦子氏はその美貌と「なんでもできる家長」のイメージが強く
また、「独身なのに恋愛の機微や人の心の機微がわかるのか?」という
大層失礼で偏見に満ちた先入観でとらえていたので、さして共感を感じなかったのでありました。

この「向田邦子の恋文」は、氏の没後20年たって、漸く妹の和子氏が封筒を開けて発見したものが
収められています。
向田邦子氏の書いたものはわずか5通。

ちょっと検索すると「人の死後にプライバシーを身内が暴露するとは」という意見もあるようですが
作家として生きた以上、は大変貴重な資料ととらえてよいかと思います。

これは「暴露本」ではなく、妹の和子氏の姉邦子への尊敬と愛情が滲む一冊です。
独身を貫いた向田邦子という女性の、苦しく切ない恋。
こんな一生だったんだ・・・。他の本も読みなおすと読み方が変わりそうです。

[PR]

by gonzoukun_wahaha | 2013-05-22 14:48 | かるちゃ~いろいろ

本ヾ(≧∇≦)〃

b0286989_16214945.jpg


旅立つ息子に用意した二冊

b0286989_16224067.jpg


そして、取り寄せた「ドタンバのマナー」
学生時代に「これだけ読んでおけば社会にでて恥をかかなくて済む」とほっとしたもの。荷物にしのびこませよう。
廃版だったようですがアマゾン「1円」でヾ(≧∇≦)〃


b0286989_16242189.jpg


このところ知人から沢山文庫本を頂いてヾ(≧∇≦)〃

映画「冬のカナリアたち」の原作となった「往復書簡」(湊 かなえ著)
東野圭吾数冊
「噂」  (荻原浩)

と立て続けにミステリーを読んでいました( ̄▽ ̄;)

今日はこれ・・・あ・・・自前です( ̄▽ ̄;)
ドラマ見ていたら読みたくなりましたヽ(^o^)丿

b0286989_16285411.jpg

[PR]

by gonzoukun_wahaha | 2013-01-28 16:31 | かるちゃ~いろいろ

荻上チキ「彼女たちの売春(ワリキリ)と「◎電OL事件」

b0286989_032530.gif


最近興味を持っているジャーナリスト「荻上チキ」氏。
最初はNHKで「いじめ問題」について発言していたように記憶している。

金髪青年だが「しごくまともで、バランス感覚がよい。」印象をうけた。

今時の人なので、インターネット上での方が有名なのかも知れないが
その発言の印象も同上。

最初に読んだのがこれ。初版。


b0286989_0421395.jpg


現代の「売春(ワリキリと言われている)」の「調査」。

ジャーナリストとして、実際にインタビューをし
その背景・動機・病歴などを「データ」にしたもの。

これは貴重と思う。

貧困が主な理由であった時代とは違う、現代の「売春」の現実が見える。

ただ・・・女性というかオバサンにはわからない風俗用語が出てくるのが難( ̄▽ ̄;)

私は「売春」はなくならないであろうが、非常に哀しく残念な事だと思っている。


b0286989_1115288.gif


「彼女たちの売春」を読んで、また「◎電OL殺人事件」を思い出し、気が滅入った。

私は時々「◎電OL殺人事件」と呼ばれたあの事件と、
被害者の心の闇を思う。それは時に苦しくなる程だ。

そして、その当時のマスコミや世間の残酷な反応を苦々しく思い出す。

当時マスコミはこれでもかと被害者の、プライバシーを曝した。

マスコミから得た情報で、得意満面で被害者をこき下ろす「女性達」を
「この人達は私とは別人種」と思った。

自分はたまたま、そういう事「は」していないで来た。
それだけだ。鬼の首をとったように、会ったこともない殺人被害者に対して見せる優越感はなんだ?

何一つ影のない生き方をして来た人などいるのだろうか・・・・

少しでもそういう「振り返り」ができる人が好きだ。


あの事件を「荻上チキ」氏はどう評論するだろうか。

[PR]

by gonzoukun_wahaha | 2012-12-16 01:09 | かるちゃ~いろいろ