<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Eテレ「「僕は忘れない~瀬戸内 ハンセン病療養所の島~」

b0286989_1019055.gif


夕べは連続、Eテレにくぎ付けになって時間を過ごしておりました。
中でも秀逸だったのは

「僕は忘れない
~瀬戸内 ハンセン病療養所の島~」

【再放送】2013年10月19日(土)午前0時45分
※金曜日深夜

画像をクリックすると、サイトに飛びます↓
b0286989_10394090.png

©NHK

NHKはこういう番組を作るからあなどれない・・・。

再放送をご覧になっていただけたらと思いますが、非常に観るのが辛く苦しい番組です。

「母親が療養所の介護員として働いていたため、小学校の6年間をこの島で暮らし」た少年が小学校の頃に「島の案内所」を立ち上げました。
中学で島を出て大学生になって、改めて島の歴史を見つめ直します。

知っていたつもりでも、療養所の方々の言葉というのは実は今まであそこまで生で聴くことはなかったかもしれません。

「母親になる事もなく古希になり」(うろ覚えで申し訳ありません)

療養所の女性が詠んだ川柳。
小学校の女性教師がその女性の話を小学生に聴かせる為に教室に招きました。
女性は涙ながらに辛い過去を告白しました。

皆さんご存知と思いますが、ハンセン病は故なき差別を受けて発病がわかると生涯隔離されていました。
女性は妊娠すると、中絶を強制されました。この事を小学生に、70歳の女性が「告白」したのです。

その後、女性を招いた女性教師が
「あんな事を言って、よかったと思ってくれているのか、言わなければよかったと思っているか」と迷いを口にしたときの小学6年生二人の言葉に驚き、真剣に語る姿に瞠目しました。

男の子(この番組の中心人物)
「まだ時間がかかると思う・・・」
女の子
「告白することはできても、心は難しいから。心の問題は時間がかかると思う」

その島に住んでいた子供たちが、非常にデリケートな問題を生活の中で目の当りにしてきた事をうかがわせるシーンでした。

[PR]

by gonzoukun_wahaha | 2013-10-13 10:47 | かるちゃ~いろいろ

スマホを離して子供を見よ

b0286989_16255035.gif


言いたい事は・・・タイトルの通りです( ̄▽ ̄;)

病院の待合室
お母さんはスマホに夢中
子供は退屈で走る・騒ぐ・・・こうなるのjは当たり前のこと。

騒げば怒鳴りつける。

子供に本を読み聞かせしている人のところに行って一緒に聞いているのを知ってか知らずか
スマホいじりをやめない・・・


電車の中もしかり。
自分はスマホ。
子供が飽きて騒ぐと叱り倒す・・・

ホームでもそう。
子供が事故にあってもこういう親は駅のせいにしそうです。

スマホにはどれだけのものが詰まっているのか・・・ガラ携の私は知りません。

b0286989_16324026.jpg


子供が小さい頃「公共の場」に出す時は
人様に迷惑をかけない工夫を色々しました。

本・おもちゃ・紙と色鉛筆などなど
そして「公共の場でのマナー」も教えました。

こういう親に育てられた子たちは、公共のマナーを学ばないどころか
愛情にも問題ありなんじゃないか・・・それは余計なお世話ですが

小さい子供を連れた親は、子供に責任持ちなさい(きりっ)

[PR]

by gonzoukun_wahaha | 2013-10-07 16:39 | その他つぶやき

ビーズ・グレイシャスリボン

b0286989_13251671.gif


これも記録・・・です。
少し手が込んだ品。・・・売る事考えようかなあ。

b0286989_1324817.jpg


数種類のビーズを編みこんであります。
縛るのではなく、輪の部分と、飾りの部分は別に作り、むすんであります。

b0286989_13242274.jpg

トップは石ではなく、軽いプラスチック。
これからの季節よさそうですV(^_^)V

[PR]

by gonzoukun_wahaha | 2013-10-05 13:28 | 手作りのもの

8月14日^^;「よみうりホール」柳家小三治独演会

b0286989_12465777.gif


二か月も前の落語記事をアップ・・・お恥ずかしいけど「忘備録」

b0286989_12454247.jpg

有楽町界隈がヨーロッパみたいになっちゃって^^;
迷ってしましました。

前座さんが「まさかの!」「三三」師匠

会場ざわめき。
ご本人も驚かれていたようです。
「しのじ嫌い」
なんとなく・・・緊張されてる?なんて思ったのはわたしだけ?

小三治師匠の「粗忽の釘」
アップが遅れたのには・・・このわけがあります。

噺は最高だったのです。ほんとに丁寧で。そこにその人がいる。
ただ
サゲを間違えてしまわれました。
  
「ほうきをかける」を「くぎをかける」で終わってしまいました。
  
それでも噺というのは、全体でできあがっているもので、会場からは拍手。
友だちと私は内心「師匠大丈夫かな?」と心配していましたが・・・。


お仲入りの時に

後ろの男が「マナー違反の極み」を始めた。
大体・・・奥さん以外の女性を連れた中高年男性は
「知ったかぶりをする」
これを
「野暮」といいます。

大きな声で
「サゲ」が違ったことを、楽屋に言いに行ってやった。
(当然相手にされなかった)と偉そうに言っていました。

しかも!!!!!
後半師匠が「サゲを間違えたことを釈明するかどうか」で
ビールを賭けていた!!!!

煮えくり返った・・・

私たちは確かに「お金を払った客」ですが
マナーは守らなければならない。

少なくとも、あのバカの声は大きく、私にはっきり聞こえた。

とめない女たちもバカ女だ。

お仲入りのあと

一眼国

これは何回も聞いているけれど、ここ最近本当に楽しい。
とはいえ・・・後ろの「バカ男」が気になって集中できなかった。
       
  
帰り際も
「俺のまけ~」などとほざいたので・・・とうとうブチキレました。


「おちが箒くらい素人でも知ってるわよ!」
男 「・・・」
わたし「あなた、最低!」
男 「最低ってなんですか?」

こういう男に限って小心者で、顔はおびえてた。

もうひとこと
「サイテイ!」

男が女にいいところを見せたいのは勝手ですが「野暮な薀蓄タレ」と
マナー違反はおやめいただきたい。カッカ←思い出しても熱くなっている

b0286989_12435970.jpg


やりきれなくて・・・有楽町のガード下で「ゲン直し」^^;でした。

b0286989_13111169.jpg

[PR]

by gonzoukun_wahaha | 2013-10-05 13:21 | 落語