<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

柳家小三治一門会@取手市民会館

b0286989_2142262.gif


10月20(日)開演14:00 取手市民会館

またもや遅れてのアップですm(__)m

取手で下りたのは初めて。
まずは駅ビルの「つきじ植むら」で腹ごしらえ。意外にお安くてほっ^^;
私はつくづく「とろろ」が好きなんだと思いました^^;
お蕎麦も「とろろそば」この日は「麦とろ」↓クリックするとお店案内に飛びます
b0286989_218729.jpg


b0286989_2194288.jpg

b0286989_2201563.jpg


柳家こはぜさん  はん冶師匠のお弟子さん
柳家一門が最初にやらされる「道灌」は、そつなくうまいと思いました。
(それがのちにたいへんな話になります^^;)

柳家はん冶    「鯛」
現 桂文枝 ・・・ 桂三枝師匠の創作落語
はん冶師匠は独特のしゃべり口です。下から持ち上がっていくような。
この「いけすのなかの鯛同士の会話」は、はん冶師匠のしゃべり口になんだかあっていました。
ペーソスの効いた人情(?)噺です。

             ・・・お仲入り・・・


柳家ろべえ   まくらはいつもきまっているので、掛け声の準備^^;
「がんばれ!」とでもやじをとばしてくれれば「やじろべえ」になれるというので、毎回やじをとばしています^^;

そつなく「芝居の喧嘩」

そして・・・
小三治師匠

取手には初めてという話から始まり
自分が若く、そこそこ人気も出ていた頃に「小さん」師匠に呼ばれて初めて噺をした時の「例の話」。
「お前の話は面白くねえな」
と言い置いて小さん師匠が去ってしまい
それからずいぶん悩んだと。

そして・・・前座の「「小はぜ」さんを高座に呼びつけました!
凄かったです。
師匠の隣に座らせて、「道灌」を始めさせた」

「お前の声はこっから(胸)上からしか出てない。
落語だけじゃない。楽屋で返事をする時もそうだ。ちっとも心に響かないんだよ」

神様みたいな大師匠にお客さんの前で公開指導。

「お前の師匠を呼べ」

そして反対脇に「はん冶」さんを座らせ
「どうやって教えてるんだ?」はん冶さんはもう汗だく
「登場人物に~なりきるようにと~~」

師匠「そうだよ。はいお前は下がっていい。」

小三治師匠
「お前の師匠のはん冶は決して器用じゃないが、一生懸命腹の底から声を出した。
その一生懸命さがなんかこう心を打つんだ」

「お前はちょっと器用にそつなくやれてる。そういうのが一番危ないんだ。もうそこで終わりだ。」

「小はぜ」さんを下がらせ

「これでああもうやめた!と思うか、このやろう!こんちくしょう!と思うかです。そういう世界なんです」

個人的な見解ですが・・・期待しているからこそ厳しく言ったように思います。
でも・・・本当にこちらが涙が出るほどの緊張感でした。

小さん師匠には何も教えてもらえず、長い間苦しんだ。だから自分は教えておこうと思われているのでしょうか。

いやあ見ている方も緊張しました。

そして真骨頂「小言念仏」
師匠の「小言念仏」はもういうまでもないおかしさ。
ナンバンダ~といいながら、お湯が沸いてるだの赤ん坊が這ってるだの・・・
これが聴けて大満足でした。

終わりに、何度も「どうぞ皆様お体を大事になさってください。お大事になさってくださいませ」
と言われたのが印象的でした。
ん~~~師匠・・・引退を考えてらっしゃるかなあ・・・(T_T)
最近の動向からしてこんな言葉も気になります。



[PR]

by gonzoukun_wahaha | 2013-11-11 02:52 | 落語

10月10日鈴本

b0286989_14262918.gif


またまたすっかり間があいてしまいました。
一か月前の「鈴本」です。
柳家小三治師匠が・・・今度のお正月のトリを三三師匠に譲ったことや
その他の状況を考えると、「目に涙 歯は総入れ歯 ホトトギス」・・・意味なし(T_T)

b0286989_14241820.jpg

友だちと待ち合わせ。先についたワタクシですが、40分前でこの位置でした。

10月上席のメニウです。
b0286989_14244558.jpg

b0286989_14245733.jpg


前から2番目の真ん中あたりの席をゲットできました。
いつも和服で来られて最前列の左側をとる男性がその日は洋服(なぜか気になった)でした。

この日こそは!正楽師匠の切り絵をゲットしよう!と友達かたポチ袋を借りて用意V(^_^)V

前座  入船亭ゆう京    「鉄砲勇介」
    
二つ目 入船亭小辰     「真田小僧」
     ゆう京さんが京都大学卒だから「京」だと^^;
     こなれた「真田小僧」でした。


林家正楽の「紙切り」
 お題を伺います・・・と同時にできるだけ甲高い声で「コスモス!」と叫びました。
     (男性が声を上げる事が多いので目立つため^^;)
   
そしたら・・・正楽師匠が「コスモス、茶の湯、お見立て、山寺ですね。」と確かに復唱なさいました。
    わ~おヽ(^o^)丿
あれ?・・・おいおい・・・「コスモス」以外のものが次々見事に切られていく。
作品を入れる袋は・・・・舞台にもうない(T_T)(T_T)・・・・忘れられました。
あのさ・・・いつも着物着てる常連のおじさま。たまには他の人に譲ってくらさい(T_T)
結構かなりとっても凹みました〇| ̄|_

入船亭扇遊    「道灌」

柳家はん冶   「粗忽長屋」

柳家小菊     「粋曲」
           相変わらず色っぽい。どういう大学生活だったのかなあなんて想像してしまいます。

柳亭小燕枝    「小言幸兵衛」

ロケット団    「漫才」
結構好きなんですこの二人組。     
      
隅田川馬石   「抜け雀」
場石さんは初めてでしたが、活き活きとして二重丸。ちょいファンになりそうです。
劇団出身とか。

            ・・・お仲入り・・・

ダーク広和    「マジック」


柳家小三冶    「野晒し」

大体その日にあったことをマクラにするようにしたとか・・・
テレビで「老人の運動会をやっていて、90歳の婦人が優勝した」まったくねえ・・・

師匠の「野晒し」
もうはっつあんのバカさ加減が抱腹絶倒。
一人で勝手に妄想して乗りまくる。
最後は自分で釣り針を自分の鼻にひっかけて「いててて」で終わり。もうそのひとつひとつがおかしくて涙がでます。
師匠・・・続けてくださいよ(T_T)

帰りの太鼓は「ゆう京」さん・・・言われてみるとキリリとしてます^^;
b0286989_14254076.jpg

[PR]

by gonzoukun_wahaha | 2013-11-07 15:00 | 落語